忍者ブログ

アサルとブログ

“アサルとスパイ”の世界が広がるブログ!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プロフィール:ヤミノ・ケンイチ(ボス)



■プロフィール

誕生日:5月15日

職業:人材派遣会社役員(企業スパイ)

出身:ジャパソ国 ナッガーノ県

好きなもの:ペットのチワワ 掃除 相撲観戦

嫌いなもの:虫・スジの通らないこと(本人基準)

外見の特徴:白スーツ・紫髪・スリムで長身・ぴしっとした身なり

性格:オカマ特有のハイテンションなノリを持つ。
   くせ者揃いのスパイ組織をまとめあげるカリスマリーダー。
   人格者であり、面倒見がよく、部下たちを厳しくもやさしい言葉で導く。
   ただしキレると一瞬完全な“男”になり、ドスの効いた口調で周りの者を怯えさせる。


拍手

■ストーリー

「何度もお断りしてるじゃないの」

そう言ってヤミノは電話を切った。最近“彼ら”からの催促がさらに執拗になってきた。
ヤミノ個人としては、もちろん“彼ら”という存在が必要であることは理解していた。
しかし今の情勢で“彼ら”のことを信用し、多大なリスクを負ってまで“彼ら”に貢献することになんの意味も見いだすことはできなかった。しげしげと、手塩にかけた部下達からの報告書に目を通す。そういえばこの子は、誕生日が近い。ヤミノは、部下の誕生日にプレゼントを渡すことを忘れない。何がいいかと思案し、その部下との思い出をたどる。最近は若い人の感性がだんだんと分からなくなってきた。そう思うと、ふと気になりだした。その部下は出会ってからこれまで、非常に従順に仕事をこなしてきてくれた優秀な人間だ。だが、本当のところはどうなのだろう。彼はおそらく、この仕事以外の人生を知らない。選ぶことは出来なかったはずだ。この仕事を続けることだけが、彼にとっての幸福なのだろうか……。

「場合によっては、この世界から足を洗うこともありますけどね」“彼ら”は確かそんなことも言っていたか。そしてヤミノは思い立ち、受話器を手に取った。“彼ら”とのパイプを作っておくのも悪くない。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログについて


本ブログは、アサルとスパイ本編をクリアされた方を対象としたコンテンツです。
本編の核心に触れる内容を扱うことがございますので、ご注意ください。
登場キャラクターのプロフィールや、ショートストーリー、関連動画の紹介などを掲載してゆきます。

ツイッター

箱ドット:アサル


最新トラックバック

バーコード

プロフィール

HN:
ebi_Katudon
性別:
非公開
自己紹介:
アサルとスパイ制作者

制作:カツとじワゼン katutoji_Wazen
イラスト:えび道楽 ebi_Douraku

忍者ツールズプロフィール

忍者ツールズプロフィールは終了しました